COLUMN

2020年3月12日

みんなのセルフプレジャー研究所 vol.2 〜目的は?グッズ使用経験は?〜

女性にとってのセルフプレジャー(マスターベーション)は、セルフケアのひとつで、ごく自然なこと。
自分自身を慈しむための大切な行為ですが、「みんなはどうしているんだろう?」と気になることはありませんか?

そこで「iroha」では、「みんなのセルフプレジャー研究所」を立ち上げ! 日本女性のリアルな実態を、世界の調査データから紐解いていきたいと思います。
初体験の年齢や頻度を聞いた第1弾(https://iroha-contents.com/column/1832.html)に続き、第2弾ではもっとディープなアンケート結果を大公開。
セルフプレジャーをする理由からグッズの使用経験まで、なかなか聞けないホントのところをお届けします!

ちなみにこの結果は、「iroha」を発売する株式会社TENGAが、日本、韓国、中国、台湾、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、ドイツの9か国を対象に実施した2019年のグローバル調査から、日本人女性492人のデータを抜粋したもの。毎年実施しており、2018年度の結果も、月刊TENGA(https://www.tenga.co.jp/topics/2018/05/28/6242/)で公開中です。

 

重視するのは○○な刺激! 女性のディープなセルフプレジャー事情

Q1. セルフプレジャーをする理由は?

「気持ちいい」以外にも、女性のセルフプレジャーにはさまざまな理由があるようです。「性的快楽を得るため」に次いで多かったのは、リラックスやストレス解消のためにするという方。オーガズムにはリラックス効果があるので、自分を癒すセルフケアとして取り入れている人も多いようです。

また「自分の身体を知るため」という回答もあるように、irohaにも「セルフプレジャーで自分が心地よく感じられる方法を知って、パートナーとのセックスがもっと楽しめるようになった」という声がよく寄せられます。

さらに、女性に多かったのが「よく眠れるから」という理由。なかなか寝つけない夜は、オーガズムの心地よい疲労感で、自然な眠気を促してみるのもよいかもしれませんね!

 

Q2. セルフプレジャーをするとき、「身体的な刺激」と「視覚的な刺激」のどちらを重視する?

直接身体に触れることで得られる身体的な刺激と、アダルトコンテンツなどを見ることで得られる視覚的な刺激。どちらもセルフプレジャーの気分を高めるものですが、女性は視覚的な刺激はそれほどウェイトが大きくなく、身体的な刺激に性的興奮を感じやすいのだとか。

また、官能的なストーリーなどの、イマジネーションが膨らむような情報を求める傾向にあります。実際、女性向けアダルトコンテンツは男性向けに比べ、人物設定や関係性がしっかり描かれているものが多いといわれています。その理由は、このような特徴にあるのかもしれません。

ちなみに男性は「視覚的57% / 身体的43%」で、男女に差が出る結果となりました。こちらの記事(https://iroha-contents.com/column/1832.html)にもあるように、男性は視覚的な刺激に性的興奮を感じやすいそうです。

 

Q3. アダルトグッズを使用したことはある?

3人に1人がアダルトグッズの使用経験ありという結果に。自身で購入する以外に、パートナーからすすめられたり、プレゼントや景品でもらったりして使い始めることもあるようです。
ウェブで購入できるほか、近年では入りやすいお店も増え、グッズを気軽に手に取れるようになってきました。

なかでもirohaは、柔らかい肌触りやかわいらしいデザインで、初めてのグッズとして選んでいただくことも多いブランド。初心者でも不安なく使っていただけますので、「興味はあるけど、ちょっと怖い……」という方は、irohaでグッズデビューしてみてはいかがでしょうか?

 

Q4. アダルトグッズはセルフプレジャー体験を高めると思う?

なんと、圧倒的多数の98%が「高める」と回答! 手だと疲れてしまったり、ワンパターンな刺激になってしまったりすることもあり、皆さん、グッズの魅力を実感されているようです。

これまではいかにも卑猥で手に取るハードルが高いものも多かったですが、最近は女性目線で安心して使えるグッズが増えています。形状や用途もさまざまなので、その日の気分によって使い分けるのも楽しいですよ。グッズだからこそ楽しめる心地よさを、ぜひ体験してみてくださいね。

 

Q5. 性的に興奮する月は何月?

夏真っ盛りの8月と、クリスマスや年越しなどイベントの多い12月に回答が集中しました。世の中の盛り上がりに合わせて、性的な気分も高まるのかもしれません。

一方で、男性は4月と8月が多く、12月は4番目で、男女でも異なる結果となりました。ちなみにアンケートではこのような結果が出ましたが、明確に発情期のある動物と違い、人間は特定の時期に性的興奮が高まることはないそうです。

 

Q6. 女友達とセルフプレジャーの話をしたことがある?

仲のいい友達同士でも、まだまだセルフプレジャーは話題にしづらい様子。取り扱い店舗に来店されるお客様からも、「誰かに相談したいけど、できる人がいない」というお話をよくうかがいます。

「6割以上が経験あり」というデータ(https://iroha-contents.com/column/1832.html)にも表れているように、セルフプレジャーは特別なことではないはず。ですがまだ「恥ずかしい」「後ろめたい」と感じる方も多く、話しづらい状況があるようです。悩みを相談したくなったときには、美容や健康の話題と同じように、セルフケアの一環として自然に話せる世の中になることを、irohaスタッフ一同、願っています。

 

Q7. 友達とセルフプレジャーの話をしたときのリアクションは?

ポジティブな反応が半数に達した一方、ネガティブな反応は4%という結果に。「セックスの話は気軽にできるけど、セルフプレジャーについてはうまく話せない」という声も聞きますが、話してみるとじつは「私も!」「ホントは話してみたかった!」と共感を得られることも多いんです。

大丸梅田店の常設店「iroha STORE」にはお友達同士でご来店くださる方も多く、少しずつですが、女性のセルフプレジャーが世間に受け入れられていることを感じます。irohaやこの記事をきっかけに、お友達と気軽にお話ししてみてはいかがでしょうか?

 

あなただけのセルフプレジャー体験を見つけてみて!

セルフプレジャーはパーソナルな体験だけに、アンケート結果を見て「わかるわかる!」「そうなんだ!」と感じるポイントは人によって違うかもしれません。
ですが、女性にとってのセルフプレジャーとは、あくまで自分自身を愛し、慈しむためのもの。皆さんも、「自分にとっていちばん心地いい方法」を探してみてくださいね。

もしいつもと違う刺激がほしいときは、バリエーション豊富な「iroha」のアイテムがお役に立つはず。あなただけの相棒を見つけていただけると嬉しいです。

 

出典データ
標題:TENGA Global Self-Pleasure Report 2019
※9か国10,054人(18歳〜54歳)を対象に行った調査のなかから、日本人女性(492人)のデータを抽出
調査主体:TENGA
調査時期:2019年3月~4月
調査方法:インターネット調査
調査機関:PSB

 

 

◎irohaのアイテム情報はこちらをご覧ください◎

女性らしくを、新しく。
iroha(イロハ)ブランド公式サイト
https://iroha-tenga.com/

  • LINEで送る