CULTURE

2022年7月15日

オカヤイヅミのオリジナル漫画『私が 私の 私を』第3話「いま本当にほしいものってなに?」

 

ここ2年ほどの災厄で、「いつもどおり」の暮らしが難しくなる日もありました。しかし一方で、制限された日々のなかに、新たな「心地よさ」を見出した人もいたのではないでしょうか。

日常の小さな喜びやできごとを丁寧に拾い続けてきた漫画家・オカヤイヅミさんによるirohaオリジナル漫画の最終回。在宅勤務となった主人公「みどりさん」は、いままで必要だと思ってきたものが、思いのほか要らなかったことに気づきます。自分をかたちづくっていたはずのあれこれを一切合切捨てたあと、本当にほしかったものが見えてきたのでした。

 

オカヤイヅミ
1978年生まれ。東京都出身。独自の感性で日常を切り取った『いろちがい』(マッグガーデン)で2011年にデビュー。著書に『すきまめし』『続・すきまめし』(ともにマッグガーデン)『ごはんの時間割』(講談社)『ものするひと』『みつば通り商店街にて』(ともにKADOKAWA)ほか、人気作家へ理想の「最後の晩餐」について訊ねたエッセイコミック『おあとがよろしいようで』(文藝春秋)など。2022年4月、2021年3月に刊行した『いいとしを』(KADOKAWA)『白木蓮はきれいに散らない』(小学館)2作品が「第26回 手塚治虫文化賞 短編賞」を同時受賞。

twitter:@okayaizumi
HP:http://www.hasumukai.jp/

 

 

 

【iroha 編集後記】

PR担当・月島:私も在宅勤務に代わってから、不要不急だけど、生活が便利になるものやテンションが上がるものを買う頻度が増えました。もともと家にあるものより一回り大きいサイズの冷蔵庫やテレビなど……。マンネリしがちなおうち時間を少しでも快適にするために、あれこれ考えるのも楽しいですよね。

 

PR担当・西野:「みんなのため」を優先して、自分の「好き」をセーブして、気づけば自分の声を無意識に聞かなくなっている……。そういうこと、私にも覚えがあります。第一話では、社会と接点がなくなったことで、自分の輪郭があいまいになっていたみどりさん。コロナ禍が落とした暗い影のなかでも、そんななかだからこそ、「自分なりの心地よさ」をていねいに拾い上げていきたいですね。

 

★オカヤイヅミさんの連載★今回が最終話です(全3回)。ご愛読、ありがとうございました!

 

あなたにおすすめの記事

 

たくさんの居場所が自分を救う。
漫画家・おかざき真里の「生き抜くための知恵」

 

作家が紡ぐセルフプレジャー
第1回:窪美澄「自分に優しく触れること」

 

「堂々とこっそりやってくださいね」
テレ東・祖父江里奈Pがエロを表現する理由

 

 

◎irohaのアイテム情報はこちらをご覧ください◎

女性らしくを、新しく。
iroha(イロハ)ブランド公式サイト
https://iroha-tenga.com/

  • LINEで送る