iroha TIE UP

2016年12月2日

いろはにほへと「自愛」
ホンマタカシ×岩井志麻子

からだが求める「気持ちよさ」を大切に、そして美しくあるために。女性の視点でつくられたセルフプレジャー・アイテム『iroha(イロハ)』をモチーフに写真家と文筆家がそれぞれの感性で描写します。

 

「自愛」

あるスポーツ新聞の記者に、こんな話を聞いた。
「うちの新聞には、街頭で若い女の子にエロなアンケートを取る、っていう企画というか連載コーナーがありまして、そこで学んだんですが。『君、マスターベーションする?』って単刀直入に聞くと、ほとんどの子が『しませんっ』ときっぱり否定するんです。ところがあるとき、ふと『マスターベーションは週に何回くらいしているの』みたいに、『している』のを前提に聞いてみたら。ほぼすべての子が、『3回くらいかな〜』、『実は毎日してます』と、素直に正直に答えてくれました。以来、質問の仕方を変えました。たとえば仕事でなくても気になる子に、『彼氏いる?いない?』ではなく、いきなり『彼氏は何をしてる人?』と、いるのを前提に聞いた方が、いるにしてもいないにしても、ごまかさずはっきり答えやすいんですよ」 その時は、なるほどな〜とけっこう感心したのだけれど。今の私は、まずは彼の頭上にirohaを掲げ、偉そうにしてやりたい。

「あんた、これを女の子に見せて、もう一度『君、マスターベーションする?』って聞いてみな。どんな気取った子も嘘つき女も、『しますっ』と飛びついてくるよ」そして、「マスターベーションなんてしない」という大嘘つき女にもまた、irohaを鼻先に突きつけて説教してやりたい。
「和菓子かと思った。可愛いから飾っておきたい。だから欲しい」くらいの嘘は、この際だから許してやるとして(まるでマスターベーション神の使いのような私)。自慰は自愛。自悦でも自喜でもいいんだけど。何にしても、自分を喜ばせることをなぜ恥ずかしがるの。毎日気持ちいいことがあれば、自分にも他人にも優しくできるよ。

 

岩井志麻子/WRITER

小説家。近著に『韓流不貞女』〈宝島社〉など。テレビ番組『5時に夢中!』〈東京MXテレビ系〉の木曜レギュラー、映画『地獄でなぜ悪い』(9月28日公開)にも出演。

ホンマタカシ/PHOTOGRAPHER

写真家。2011~12年にかけて、巡回個展『ニュー・ドキュメンタリー』を開催。写真集多数、最新作に『ポートレイト 市川実日子(たのしい写真2)』(平凡社)。現在、東京造形大学大学院 客員教授。
http://betweenthebooks.com/

この記事は2014年3月19日発売のBARFOUT!に掲載されています。 http://www.barfout.jp/

『iroha(イロハ)』とは?

「女性らしくを、新しく。」をコンセプトにTENGAから登場した、女性用セルフプレジャー・アイテムブランド。ブランドサイトはこちら

関連記事

  • LINEで送る