WOMEN’s CARE Q&A

2022年5月27日

妊娠中〜出産後のデリケートゾーンケアについて/喜田直江先生

喜田 直江先生

「なおえビューティークリニック」院長

平成13年 京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。平成15年 形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。平成18年 大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。

平成23年10月、東京銀座でなおえビューティークリニックを開院。美容婦人科治療専門クリニック。 TV、雑誌など多数のメディアに出演中。日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、日本抗加齢医学会会員、ビビーブ認定医、ウルトラヴェラ認定医。

2022年3月3日に数量限定で発売した泡タイプのデリケートゾーン用ソープ「iroha INTIMATE WASH【FOAM TYPE】ダマスクローズとゼラニウムの香り」(※)の発売を記念し、オンラインイベントみんなで知ろう! デリケートゾーンケアのいろはVol.2〜専門医に聞く!出産前後のデリケートゾーンケア~を2022年4月15日に開催しました。

出産を検討している方や妊娠中の方、出産を経験された方から実際に寄せられたご質問やお悩みについて、婦人形成外科の喜田直江先生にお話をうかがい、参加者の皆様からご好評いただきました。

今回は、イベントの内容をもとに、主に妊娠中〜出産後の方から寄せられたデリケートゾーンケアにまつわるQ&Aをお届けします。

※iroha INTIMATE WASH【FOAM TYPE】ダマスクローズとゼラニウムの香りは、公式オンラインストアでは完売しております。現在は、iroha STORE大丸梅田店やirohaのポップアップストア、TENGA STORE TOKYOのポップアップストアなど、一部の実店舗で販売しております。

 

デリケートゾーンケアってなに?

デリケートゾーンケアとは、専用のソープでデリケートゾーン(外陰部周辺)を洗浄したり、化粧水や乳液などで保湿をしたりすることで、デリケートゾーンを清潔にし、健やかなpH値(※)を保つことを指します。

 

デリケートゾーンケアはなぜ必要?

デリケートゾーン(外陰部周辺)の適切なpH値は大体3~6と言われていますが、蒸れや熱のこもり、摩擦や乾燥等の様々な要因で、pH値が高くなります。

デリケートゾーンのpH値が高まり、アルカリ性に近くなると、皮膚が本来持っている自浄作用が働きにくくなり、雑菌が増殖。においやかゆみが発生しやすくなる一因となります。
健やかなpH値を保つためには、適切なお手入れを生活習慣として身につけることが大切です。

※pHは酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけ、酸・アルカリの度合いをその目盛りの数字で表すものです。pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性としています。

 

 

【Q&A】妊娠中〜出産後編

現在、妊娠中です。出産後の尿もれや、においの予防方法を知りたいです。

出産後の尿漏れには「ケーゲル体操」が最も効果的です。妊娠中の体操は控え、出産後、徐々に再開するようにしてみてください。出産後は、胎盤のかすや子宮内膜が剥がれ落ちるため、約1か月間ほど、「悪露(おろ)」が出ます。実際に、生理時よりも、デリケートゾーンの蒸れや肌のかゆみが気になるという方も多くいます。

臭いが気になる場合には、こまめにナプキンを取り替えたり、デオドラントスプレーでデリケートゾーンを清潔に保ったりするなどして、対策を。私(喜田先生)も、生理中に「iroha デオドランドスプレー」を使用しています。すっきりとした使用感でおすすめですよ。

 

デリケートゾーンのニオイケアには…「iroha INTIMATE DEO REFRESH」「iroha INTIMATE SHEET」もオススメ!

 

iroha INTIMATE DEO REFRESH

日常的なデリケートゾーンの不快感に携帯できるミストで簡単拭き取りケアが可能。保湿成分配合で、使用後の肌もつっぱらずやさしい使い心地です。爽やかな香りで気になるニオイもリフレッシュ。

 

iroha INTIMATE SHEET

汚れやにおいが気になったときに、シートタイプでいつでもケア。お肌にうれしい低刺激処方※¹と、3大美容成分配合※²で拭いた後もつっぱらず自然な肌ざわり。使用後はそのままトイレに流せます。

※¹パラベン、シリコン、鉱物油、合成着色料、酸化防止剤は使用しておりません。
※²ヒアルロン酸Na、リンゴ果実培養細胞エキス、ダイズ種子エキス(保湿成分として)
※トイレに流す際は、詰まりの原因になる可能性がありますので、1枚ずつお流しください。

 

現在妊娠中なのですが、デリケートゾーンについて注意すべき点や、受診を検討したほうがよい症状などがあれば教えてください。

妊娠中のおりものは、どうしても量が増える傾向にあるのでとくに問題ありません。ただ普段とは違う色や臭い、かゆみを感じる際には受診をおすすめします。尿漏れのお悩みもよく聞きますが、妊娠中は腹部が圧迫されてしまっている時期なので、とくに問題ありません。

デリケートゾーンのかゆみが気になる場合には、専用ソープで外側のみを洗浄するなどして、基本的なお手入れを心がけてください。これらの症状が一向に改善しないようであれば、受診も検討してみてくださいね。

ここ数年、ストレスの影響ですぐに膣カンジダになってしまいます。出産前〜妊娠中のカンジダ予防にオススメのケア方法はありますか?

一度発症すると繰り返しやすいのが膣カンジダ。免疫力低下とともに発症しやすいので、まずは膣内外を健やかな状態に保つために、正しいケアを継続してみてください。膣の外部を優しく専用ソープで洗い、膣内の洗浄は避けるようにしましょう。

 

あなたにおすすめの記事

 

“食べ物でニオイが?黒ずみの原因は?”
専門医が答える、デリケートゾーン都市伝説のウソ・ホント

 

婦人科形成と女性器のケアについて/喜田直江先生

 

女性の身体と不感症の関係/喜田直江先生

 

◎アイテム情報はこちらをご覧ください◎

すべては、女性たちの健やかで美しい毎日のために。
iroha INTIMATE CARE(イロハ インティメートケア)公式サイト
https://iroha-intimate-care.com/

 

  • LINEで送る